2016/12/03(土)


先日、東北地方に行ってきたのですが、白鳥が飛んでいく姿を見ました。
目的地に向かおうと道を歩いていると、聞き慣れない鳥の鳴き声のような音が近づいてきたので空を見上げると、首の長い数十匹もの白い鳥たちが飛んでいくではありませんか!
一緒に歩いていた友人たちと顔を見合わせて、「白鳥だよね?!」と大興奮!
白鳥が飛ぶ姿を間近に見たのは初めてだったので、感動でした!

・・・と、ここまで書いて気づきましたが、先週の図書館だよりのネタとかぶってますね。
先週は野生の猿と遭遇しておりました。
そういえば、半月ほど前にもある生き物と遭遇したことを思い出しましたよ!
ネタがなかったら次回の図書館だよりに書こうと思います。 (い)

『鳥たちの旅 渡り鳥の衛星追跡』樋口広芳/著 日本放送出版協会(488.1ヒ)
『ハクチョウ水べに生きる』嶋田哲郎/文 小峰書店(K488シ)
『ハクチョウのくびはどうしてながい』石部久ほか/しゃしん 大日本図書(K488イ)


スポンサーサイト

2016/12/2(金)

ファンタスティック・ビースト、ついに公開しましたね!
『ハリー・ポッターと呪いの子』も発売されましたし!

あ、皆さん。ハリー・ポッターと呪いの子ですがニュースやテレビでは「ハリポタ最新作!」「ハリポタついに8作目が発売!」などと宣伝してはいますが、今回発売されたのは「舞台のリハーサル時に使用された脚本」であり、原作者のローリングさんが書いた「小説」ではないですよ!気を付けてください!!
全く!テレビやニュースはそういう書き方しておけば売れると思っていますからね。騙されてはいけません!”(-“”-)”

Amazonのレビューや他の方の感想を見ていると「小説じゃないなんて聞いてない!」「脚本とか本にするなよ!小説だと思って買っちゃったよ!」等の声が殺到。

皆さん…もう一度言います。しょ、小説じゃないです。脚本です…
一度図書館で借りてみて内容が良かったら購入、という手もありますよ。予約をどうぞ(いきなりの宣伝)

作品の内容も、予想はしていましたが賛否両論みたいですね。
私は、舞台の脚本&後にローリングさんが加筆する愛蔵版が出ると聞いた時点で、発売初日に購入はせずとりあえず様子見というスタイルを選んだので、まだ読んではいないのですが、ちょっと聞くところによると、あの人がまさかあの人とあれでああだなんて…!!かなり納得がいかないところがいくつかあるので、本気で購入を迷っています。

公式じゃない!と思いたいですが、ローリングさんが参加しているということは、即ち公式に最も近いということで…うぅ、受け入れられるのはもう少し先になりそうです…(;_:)   (す)

『Pen 2016年11月15日号』(雑誌)
『ハリー・ポッターと死の秘宝 上・下』(K933/ロ)(J.K.ローリング∥作)

2016/12/01(木)

ここのところすっかり寒くなったなあと思ったら、なんと!今日から12月です。
正直、蔵書点検期間が終わったのが数日前のことのよう。
そのときにコンピューターのシステムが切り替わったのですが
いまだ新システムに慣れません……

さて12月といえばクリスマス。
図書館では大きなツリーが登場しました。
そして、17日(土)にはクリスマス会を開催します!!
ぜひお越しください。

12月突入ということで、今年の総括をするにはまだ早いかもしれませんが
来年に向けてやり残したことがないかそろそろ考えていきたいと思います。
えーと、来年の手帳も買っておきたいし、インフルエンザの予防接種もうちたいし…
うーん、たくさんあるなあ。(し)

『きらめくドイツクリスマスマーケットの旅』(293.4/ク)
『ニット帽の天使』(K/943/フ)
『クリスマスってなあに?』(E/クロ/)

2016/11/30(水)

今日で11月も終わりです。
今年も残すところ1ヵ月。は、早い……
図書館でも何年かぶりに大きなツリーを児童室入口に飾りましたので、どうぞご覧ください♪

ところで、26(土)に観光交流センターで行なわれた伊藤秀男さんの講演会へ行ってきました。
天王通を歩いて向かったのですが、途中にとてもレトロもしくはクラシカル(と言えば聞こえはいいですが、単純にボ〇い(^^;))たばこの自販機を見つけました。

jihanki1.jpg jihanki2.jpg

現役稼働していたのは、いつ頃までだったのでしょうか……
たばこが120円や150円で買えた時代は80年代くらいのようですね。
いずれにせよ、時代を感じさせるシロモノでした。

まち歩きなどで紹介されたことはないそうですが、これも津島の世間遺産と言ってもいいのでは?
なんて勝手に思いました。
皆様も駅から神社へ歩く機会があったら、ぜひ見てみてください。

jihanki3.jpg

千体仏より少し駅寄りのところです。  (★)


↓各種お知らせ(継続掲載中)
スマートフォン用OPAC できました。
図書館facebook 運用開始
・11/19(土)以降、予約連絡等で図書館からお送りするメールのアドレスが変更になっております。
・利用者向け機能の追加にともない、初期パスワードのまま(一度もパスワードを変更されないまま)ご利用の皆様に、セキュリティ強化のため、任意パスワードへ変更をお願いしております。
もちろん、既に自身で設定したパスワードに変更されている方は問題ありません。
詳しくは、こちらのお知らせページに纏めておりますのでご覧ください。
お手数ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

2016/11/29(火)

先日、「ブラック フライデー」という単語を耳にしました。
花金?みたいなもの?と思ったら、どうやら違うらしく・・・・・

11月の第4金曜日に、小売店などで、大規模なセールが実施されるアメリカの商戦らしいです。(アメリカ版爆買い!!みたいなものですね)

今年は日本でも、「アメリカかぶれ」?的なものなのか、急に「ブラックフライデー」にちなんで、セールを行ったお店もあったとか!!

ハロウィンではないけれど、来年以降急にブームになって、あちらこちらでセールがされるのでしょうか?

消費者としては、セールは有り難い限りです(^^♪

さて、来年以降はどうなるのかな~  (お)

「おとうとバーゲンします!」(E/オキ)
「事件の秘密はバーゲンで ハチャメチャ探偵帳」(K/913/タ)
「商戦」(913/ミ)

2016/11/28(月)

 本格的に寒くなってきました。先週は関東で雪が降り、「ミゾレまじりの雪が…」とか「雨は夜更け過ぎには雪に変わるでしょう」など、どこかで聴いたことのある歌のフレーズを朝のニュースで何度か耳にしました。

最近『古地図で読み解く!城下町の秘密』(291.0/コ)という本を読みました。お城を中心に城下町を古地図から楽しむ興味深い内容です。古写真も掲載されており、甲冑姿の殿様などが載っていました。
中でも山口県の萩城は、天守閣を撮った写真が現存しており、その風格のあるたたずまいが江戸末期まで存在していたのには驚きです。その後、萩城は長州藩のお城ということもあり、明治に入って真っ先に取り壊されたらしいので、非常に勿体なく残念です。

秋は自然と読書にふけりたくなりますが、お城を見ながら城下町を散策する日帰り旅も良いかもと読みながらふと思ったりしました。 (伊)

2016/11/27(日)

 特別整理期間が明けてから、早くも1週間が過ぎました。新しいシステムに、なかなか頭がついていかず、毎日戸惑っています。ようやく1週間、もう1週間、といったところでしょうか。

 さて、先週、図書館中央のコーナー「はやわかり、2016」内の「ニュースがわかる本」の下半期分を追加しました。ノーベル賞を受賞したボブ・ディランのCDや詩集、リオ・オリンピック・パラリンピックの写真集、米大統領選挙を戦ったトランプ、ヒラリー関連本を出しました。手に取って頂けると幸いに思います。

 中央コーナーは年明けから、新しいコーナーを出す予定なので、そろそろ準備を始めなくてはいけません。頑張ろう、私。

 前回の図書館だよりで書けなかった福井県のお土産話をほんの少し。

 旅行の楽しみの一つは、やはり美味しい食事。今回の旅行の目的の一つは、油揚げ・・・と書くと、不思議に思われるかもしれませんが、福井県の油揚げは、私たちが普段食べている油揚げとは大きく違い、大判の厚揚げに近いもの。私が伺ったお店は、揚げたての油揚げを大根おろしで食べられるお店でしたが、噛むとジュワーっと味が染み出して、本当に美味しかったです。福井駅からはかなりの距離があるお店でますが、お近くにお寄りの際には是非お立ち寄り下さい。ちなみに、余りにも美味しかったので、自宅にも配送し、おでんや煮物、もちろん、フライパンでこんがり焼いて大根おろしでも楽しみました。(き)