2017/04/29(土)

今年もゴールデンウィークに突入しましたね。
多い方だと9連休になるとか。
図書館所蔵の「るるぶ」もたくさん借りられていて、棚がスカスカ。
あぁ、またこの季節がやってきたんだなあと毎年感じます。
よくカウンターでお尋ねがありますが、図書館は毎月第四火曜日が休館日で、5月の休館日は23日です。
ゴールデンウィーク中も開館しておりますので、ぜひお越しくださいませ。
図書館の芝桜やビオラ、近くの天王川公園の藤も見頃を迎えきれいに咲いていますので、お立ち寄りの際はぜひご鑑賞ください。
みなさま、よいゴールデンウィークを♪ (い)

スポンサーサイト

2017/04/27(木)

インターネットで前世を占ってみたところ、どうやら(や)は「戦う人」だったみたいです。いきなり「あなたの前世は戦闘民族でした」と言われて、正直、驚きを隠せません。
 しかし簡単な占いでは、善人か悪人かまでは分からないそうなので、もっと詳しく占ってもらうことにしました。
どうやら簡単な質問に2問答えれば、善人か悪人か分かるみたいです。
1問目は、

「あなたは 頭 か 身体 どっちが好き?」

という質問でした。
前世が「戦う人」だった(や)には、少々難しい質問でしたが、何となく「頭」と答えておきました。一体、誰の、何の、「頭」と「身体」なんでしょうかね。
 続いて2問目の質問に答えました。

「あなたは ゾウ か ライオン どちらが好き?」

大丈夫です。これなら前世が「戦う人」だった(や)でも、すぐに答えられます。「2つの簡単な質問に答えればいい」という文章に、嘘偽りはありませんでしたね。
 ここは元・戦闘民族らしく「ライオン」と答えておきました。

詳しく占った結果、善人度70%、悪人度30%の「戦う人」だったみたいです。中途半端な結果なので、何もコメントすることがありません。

 しかし、別のサイトで占ってみたところ、前世は平安貴族でありましたが、盗賊にもなっていました。サルにもなりました。
 以上をまとめると、(や)の前世は、「平安時代に鷹狩などして暮らしていたが、後に盗賊になったサル」ということになります。 (や)


『千葉佳代子の前世占い』 (148/チ)
『ミラクルあたる!ハッピー誕生日うらない おまじない&心理テスト267!』(K148/ミ)
『私の息子はサルだった』 (914.6/サ)

2017/04/26(水)

こどもの読書週間が始まりました。
今年も小学校のボランティアさんによるおはなし会などを実施しています。
しかけ絵本の展示や、期間中を通してのスタンプラリー企画も開催中ですので、どうぞご参加くださいね。


またロクでもない話になるといけないので読書週間中は告知のみ…! と思っていましたが、これだけは。
とうとう村上佳菜子選手も引退を発表しました。
浅田真央選手のときと比べると、なんとなく予感はしていたので驚きは少ないものの、やはり寂しい思いは拭えません。

お二人とも、素敵な演技をありがとうございました!!  (★)


読書週間のチラシはこちらから→図書館 こどものページ

2017/04/25(火)

突然ですが、今日は何の日でしょう?

世界マラリアデーや解放記念日(イタリア・ポルトガル)が一般的だと思いますが、Goが一番気になりますのは「拾得物の日」!
1980年のこの日、東京の銀座で現金1億円の「落し物」が見つかった『一億円拾得事件』が起こり、それにちなんで制定されたそうです。
結局落し主は現れず、拾った人に全額が渡ったんですよね。
いちおくえん…額が多すぎてよくわからないですね…(´・ω・`)

誰しも「もし宝くじが当たったらどうする?」なんて考えたりするものですが、この事件のように「何日までに落とし主が現れなかったら…」なんて状況になったら…
ドキドキなんてもんじゃすまない心持ちなんだろうなぁと思っちゃいますね。

図書館でも、落とし物がちらほら見られます。
メインカウンターにてお預かりしていますので、お心当たりの方はお尋ねくださいね。

(Go)

『だれのおとしもの?』種村 有希子/作・絵 Eタタ
『三途の川で落しもの』西條 奈加/著 913.6サ
『一億円もらったら』 赤川 次郎/著 913.6ア

2017/04/24(月)

 土曜日から藤まつりが始まり、暖かい日も続くようになりましたね。

この前、映画「私をスキーに連れてって」を久しぶりに観ました。最初の10分だけのつもりでしたが、ついつい最後まで観てしまいました。この時代の20代はバブル絶頂期で、とても楽しそうです。後で調べてみると、この映画は1987年(昭和62年)11月に公開された作品で、ちょうど掲示中の過去の新聞と同じ年です。

新聞の掲示といえば、1997年(平成9年)の記事に市政50周年の記事がありました。今年は70周年で記念すべき年です。それを記念して1階展示コーナーにて昔の写真を展示していますのでご来館の際はぜひご覧ください。 (伊)

2017/04/23(日)

 4月も、気がつけば後半に入りました。図書館内では「藤まつり」のチラシがあちこちに置かれています。私はよく天王川公園をウォーキングしているのですが、私の見立てでは藤の見ごろは、もう少し先。おそらくGW半ばだと思われます。駐車場の藤棚は毎年開花が早いので、今週末のお天気によっては早くも見ごろになるかな、という状況となっています。

 先日、休憩をしていた時「天王川公園は桜もキレイなのに、なぜあまり取り上げられないのか?」・・・という話になりました。確かに、池の周囲のソメイヨシノは満開の時はとてもキレイ。堤防の上の道の桜のトンネルを車で通り抜けるのも、毎年の楽しみにしています。その場では、桜は近くの平和町などにもあるけど、藤はわりと珍しいから、津島は藤を推しているのではないか、という結論になったのですが、たしかに桜が可哀そうかな。

 というわけで、今回は桜のお話を。先日、テレビで女優の宮沢りえさんが桜の絵本を朗読されていて、とても素敵でした。とりわけ印象に残ったのが、
 「散ることを知りながら、咲くことを恐れない。だから、サクラが好き。」
という一節。絵本の中では、今はもう会えない「あなた」の言葉として、書かれている言葉です。凡人の身としては、このように潔く生きるのは難しいけれど、心に残る一節でした。残念ながら、当館では所蔵していない絵本ですが「拝啓 サクラ咲く」という絵本です。ご参考までに。

 ところで、実は天王川公園の桜は間に合う、というよりも今まさに見ごろなのです・・・といっても、ソメイヨシノではなく、この季節の天王川公園では八重桜がとても美しく咲いています。藤棚を通り過ぎたところにある「ウコンザクラ(鬱金桜)」は、ただ今満開。鬱金色、というよりも、光の加減で白っぽく見える桜は立派な大木で見ごたえたっぷり。その先の小道にも、いくつかの種類の八重桜が見ごろを迎えています。こちらのサクラも大変美しいので、興味を持たれた方は、足を延ばしてみてはいかがでしょうか。(き)

2017/04/22(土)

先日、三重県総合博物館で開催されている「きて・みて・さわって カモシカ☆パラダイス」に行ってきました。
カモシカのはく製などが展示されていたのですが、カモシカの毛皮や骨に触れられるコーナーもあって、貴重な体験となりました。
そして、なんと!ジャイアントパンダのランラン・カンカン(はく製)に会うことができました!

1972年、日中国交正常化の際に中国から贈られ、日本でパンダブームを起こした大人気のランランとカンカン。
そのお返しとして中国に贈られたのが、国の特別天然記念物であるカモシカだったという縁で、今回の展示にいたったようです。
幼い頃、両親に連れられて上野動物園へランランとカンカンを観に行ったことがあり、はく製ではありますが、数十年ぶりに再会することができて感激でした!

足を投げ出して座り笹を手に持ち食べるカンカンと、四つん這いで歩きだしそうなランラン。
ふわふわとした毛並みや丸々とした体つきなど、今にも動き出しそうで見入ってしまいました。
はく製の技術ってすごいですね。 (い)

『ニホンカモシカのたどった道 野生動物との共生を探る』小野勇一/著 中央公論新社 489.8オ
『カモシカとしょかん』(絵本)魚瀬ゆう子/ぶん 水上悦子/え 桂書房 Eカミ
『パンダが来た道 人と歩んだ150年』ヘンリー・ニコルズ/著 白水社 489.5ニ
『ぱんだ 上野のぱんだ、和歌山のぱんだ、中国のぱんだ』岩合光昭/著 クレヴィス 489.5イ