2016/08/24(水)

さてさて。
『スティグマータ』は『サクリファイス』に続くロードレースシリーズの5作目で、前作『キアズマ』から約3年、主人公が違うそれと短編集『サヴァイヴ』をのぞくと『エデン』からはなんと6年ぶり! でした。
そりゃあ、ポロポロと記憶抜け落ちてますわ…orz

という訳でニコラだけ『エデン』での出番を思い出せないまま最後まで読了したのですが、やっぱりレースシーンが面白い!
個人戦のようでいてチーム戦、が活きてくる終盤、とってもわくわくしながら読み切りました。

読みながら、「これこそ実写化したら面白いだろうになぁ~」とずっと思っていたのですが、役者さんたちが大変そうですね。
でも某自転車まんがも実写ドラマ化? 映画化? されるらしいですし、やってやれなくはないと思うのですが……

シリーズが続くとして、残り1,2作くらいでしょうか? もう少しチカの活躍が見たいです~  (★)

スポンサーサイト

2016/08/23(火)

本日は、整理休館日です。

今月は、本館の本の乱れを、スタッフ全員で番号順に並べ直しますよ。

夏の間は、開館時間も長く、利用者の方も多い為、通常よりも本が乱れ利用者の方にご迷惑がかかります。 少しでも綺麗な書棚で本を選んでいただく為、また、本探しをスムーズにする為に、私達も頑張りますよ。

そのため、かなりハードな作業になります。室内でもかなりな労力を使います。

くれぐれも熱中症には気を付けたいところですね。

開館時間が、9:00~19:00の期間は、約1週間ほどになりました。
なるべく、涼しい時間帯にご利用される事をおススメします♪ (お)

「図書館づくり繁盛記」(013/オ)
「挑戦する図書館」(010/オ)
「すてきに本のディスプレイ」(017/サ)
「私たち図書館やってます!」(016.2/ワ)

2016/08/22(月)

オリンピックは今日で閉幕。日本のメダルラッシュを見てるともう少しやればいいのにと名残惜しく思ったりします。

少し前、レコードの事を書きました。書いている時にふと津島市内にあったレンタルCD屋さんの事を思い出しました。
平成がまだ一桁の頃だったと思います。駅前から十三堂のお堂へ出る商店街の一角にお店がありました。小さな店舗で、中にひしめき合うように邦楽、洋楽のCDがたくさん棚に並んでいました。

当時はまだ図書館でCDが貸出できる時代では無かったので、安く節約できたのがありがたかったです。何を借りたかは憶えてないですが、歌手には疎かったのでおそらくレコード店や雑誌・TVで下調べしたアルバムを頼りに借りに行ってたんだと思います。今でこそ一週間くらい当たり前ですが、当時は新旧問わずもっと短かい貸出期間で、のんびり聞いてる余裕がなかった様な気がします。

いつしかその慌ただしい返却がめんどくさくなり、次第に店への足が遠のいてしまいました。お店は時代の流れと共に閉店して別の店になってる様ですが、今でもその利用カードは家のどこかで眠っています。

その頃を踏まえて今を思えば、図書館はCDが無料で借りれるからありがたいですね。 (伊)

2016/08/21(日)

毎日暑いですね。・・・と言いつつも、実はここのところ暑さに体が慣れてきたせいか、わりと普通に過ごしています。

しかし、さすがに屋外をたくさん歩けないので、外出というと屋内ばかり。先日は伏見まで、映画「シング・ストリート 未来へのうた」を観に行ってきました。

某CD屋さんに大きくポップが飾られていたのが気になって観に行ったのですが、とても面白かったです。舞台は80年代のアイルランド・ダブリンですが、洋楽・邦楽問わずにバンドに夢中になったことのある人、そして、冴えない10代を過ごした人には特にオススメ。

80年代はまだ子どもだったので、劇中に流れる80年代ヒットソングやファッションは、さほど馴染みはありませんでしたが、なかなか良かったです。現代から見ると、ちょっと恥ずかしいものもありますが、何だか可愛いなぁ~、と思いました。

映画といえば、8月28日(日)14時~、図書館2階大集会室で、大人のための上映会「そして父になる」が上映されます。入場無料・申込不要でどなたでもお楽しみ頂けますので、どうぞお越し下さい。

「そして父になる」、私はかなり前に観ましたが、リリー・フランキーさんのお父さんが良かったです。あと是枝監督といえば、やはり子役たちが素晴らしかったです。 (き)

2016/08/20(土)

先週、浜田麻里さんのライブに行ったことを書きましたが、入場時にペンライトのようなものを手渡されました。
今回は演出でペンライトを使うのね・・・と受け取ったのですが、こちら昔からあるペンライトではなかったのです!
ペンライトについているスイッチをONにして振ると光る仕組みなのですが、いつでも光るわけではなく、主催者側が光らせてほしい時にだけ遠隔操作で光るのです!
しかも、色も青・赤・緑・白と変幻自在!
会場全体がよく見渡せたる三階席だったので、ペンライトによって会場が青一色になったり、色とりどりのグラデーションで光ったりする様子はとてもきれいでした。
今はペンライトもハイテクになってきてるんですね~。

メンバー紹介の時に麻里さんが、バックバンドの方々と共に「スタッフの皆さん」の紹介もされていましたが、ペンライトの演出しかり、音響さんや大道具さんなどなど、多数のスタッフさんがいるからこそ成り立っているんですものね。 (い)

『コンサートにかかわる仕事』ほるぷ出版 760.9コ
『まもなく開演 コンサートホールの音響の仕事』三好直樹/著 新評論 760.6ミ
『ミュージシャンになるには』木村由佳里/著 ぺりかん社 760.7キ

2016/08/19(金)

またまた行ってきました!徳川美術館!!
お目当ては何かって?…ふふっ、もちろん刀剣ですよ!

徳川美術館と京都にある豊国神社のコラボが今回の目玉です。
この神社に奉納されている「骨喰藤四郎」と前回の図書館だよりにも書いた、徳川美術館の名物「鯰尾藤四郎」が約400年振りに再会するという感涙・感動企画です!

京都にいる骨喰藤四郎が名古屋にいる鯰尾藤四郎に会いに来てくれたんですよ!
これを記念したグッズもたくさん発売されたのですが、3日と在庫がもたなかったようです…が、がな゛じい゛…っ

さて、気を取り直して…骨喰藤四郎の感想を。
もうすっごく綺麗でした。圧倒されるというか…纏っている空気がびりびり肌に伝わってきましたよ!神々しいという感覚は、たぶんこういう感覚なのだろうなあ、と目が離せませんでした。

貴重な経験をありがとう…鯰尾&骨喰藤四郎…あと再会おめでとう。積もる話もいっぱいあるでしょう、ゆっくりお話していってね。

次は織田信長の愛刀、義元左文字か国宝の三日月宗近を見てみたいなあ。    (す)

『日本刀ビジュアル名鑑』 (廣済堂出版) (756.6/ニ)
『日本刀を嗜む』 (ナツメ社) (756.6/ニ)

2016/08/18(木)

先週の図書館だよりにかいた、「シンジカトウ・ワールド」にいってきました。
もうほんとにかわいかったです。
私の好きな赤ずきんちゃんもたくさんいました。

雑貨も売っているのですが、これが想像以上のスペース!!
たくさんあったので悩みに悩みながらスマホカバーを購入しました。
これで私も手帳型カバーデビューです。
ちなみに、周りには手帳カバー派が多いのでちょっとだけ憧れていたのですが
まだ慣れません……
すぐカバーからスマホがとれてしまうのはなぜなのでしょう?

さて今日18日は高校野球記念日です。
オリンピックも高校野球も夜のニュースで結果を知る日々ですが
どちらも盛り上がっています!
今年はどこが優勝するのでしょうか!?(し)

『はじめての今さら聞けないスマホカメラ入門』(/746/ク/)
『はじめてのスマホのデータ移行』(/694.6/ハ/)
『スマホ断食』(/007.3/フ/)