2018/02/25(日)

平昌オリンピック、いよいよ今夜が閉会式です。20年前の長野オリンピックを超えるメダルラッシュとなった今大会。競技に打ち込み、ライバルを讃えるアスリート達の姿が本当に素敵でした。図書館Facebookでも紹介していますが、現在図書館では2/17(土)の男子フィギュア・羽生結弦選手が金メダルを獲得した新聞号外を展示しています(将棋の藤井六段の号外も展示しています)。コーナー8「五輪ノ書」と合わせて楽しんで頂ければ幸いです。「五輪ノ書」は、平昌パラリンピック期間中も継続します。こちらも、しっかり応援しましょう!

しばらくぶりに、アートのお話を少し書きます。1ヶ月近く前のこと。名古屋市美術館へ「シャガール展~三次元から飛び出す恋人や動物たち~」を観に行ってきました。最初は「シャガールか、まぁ何度か観ているから今回はいいかなぁ」と思っていたのですが、BS日テレで放送されていた「ぶらぶら美術・博物館」で山田五郎さんがオススメしていたのと、シャガールの絵は何度か観たことがあるけれど、立体作品は観たことがなかったので足を運ぶことにしたのです。

 会場へ入ってすぐ、目立つ場所に飾られていた絵とレリーフの作品名が「誕生日」。シャガールの恋人・ベラが、シャガールの誕生日に花束を持ってお祝いにきてくれた場面を描いた作品です。ベラとシャガールはこの絵が描かれた数週間後に結婚―、という大変にロマンティックな作品なのですが、シャガールと私は同じ7月7日が誕生日。この作品を観ることができただけでも、足を運んだ甲斐がありました!私は、あまり期待せずに出掛けた美術館の方がグッと来ることが多いのですが、今回もまさしくそれ。やはり、アートに関しては(関しても、かな?)実際に足を運ぶことが大切だ、と改めて実感しました。そろそろ暖かくなってきました。熱も下がってすっかり元気になったので、機会を見つけてあちこち出掛けていきたいな、と思っています。

 最後にもうひとつ告知を。先週の石牟礼道子さんに続いて、先日亡くなられた金子兜太さんの追悼をコーナー7に追加しました。代表句10句も合わせて紹介していますので、こちらも是非ご覧ください。俳優の大杉漣さんが亡くなられました。音楽とサッカーと猫、私も大好きです。心よりお悔やみ申し上げます。そして、徳島ヴォルティス、頑張れ―!!(き)

スポンサーサイト